コナミ 公式 遊戯王

遊戯王ocg公式サポートアプリ 「遊戯王ニューロン」登場! ライフポイント計算やデッキの登録・編集などデュエリストをサポートする便利な機能を多数搭載し、 「遊戯王ocg」の公式大会でも使用可能な … 遊戯王, 遊戯王ルール解説!, 遊戯王笑えるネタ・名言・迷シーン特集, もうすぐ20年が経つ遊戯王ですが、最初の頃のカードテキストのアバウトさやルールとの噛み合わなさ等は一時期問題にもなっていました。, 最近ではそう言ったことが無いように詳細のテキストなどを付け加えられましたが、今回はそんなコナミでもどうなるのか分からないと裁定の難しかった面白いカードを紹介していきます。, 選考基準ですが、一言で言えば公式でも調整中にするしかなくどうすればいいか分からなかった時期が一度でもあったカードです。, 初期の方に登場したカードであるが故によく分からなかったり、ルール上問題が起きやすい効果テキストだったり等、コナミでも匙を投げてしまうほどの意味不明カードがあります。, 効果テキストは『カード1枚のターンカウントを1ターン進める』のみの通常罠カードです。, このカードの1番の問題点は読んですぐに分かる通り、ターンカウントとは何なのか?ということです。簡単に言えば効果にターン数が関わるカードで、代表的なのは「終焉のカウントダウン」などがあります。, そこで問題になる点として、「運命の火時計」は対象を取る効果なのかとフィールドに効果のみが残存する「終焉のカウントダウン」に果たして使えるものなのかということです。, それに対してコナミは長くの間調整中にしていて、どのような措置がされているのか分かっていませんでした。, 現在では結果が出ていて、「運命の火時計」は対象を取らない効果であり、正確にはターンをカウントするカードの効果を選びます。, フィールドに残存しない効果に対して影響を及ぼすという非常に珍しい効果を持つカードということになりました。, お互いに手札を公開してそれぞれ相手の手札のカード1枚を選んで自分の手札に加えるという通常魔法カードです。, 手札を交換するという非常に珍しい効果であり、交換した後の手札の状況に置いて問題が起きやすいカードでもありました。, お互い使っているプロテクターが違えば交換した相手が持ち主のカードはバレバレですし、その状況でランダムに手札1枚を選ぶというようなカードを発動した場合にカードを選ぶ過程でプレイヤー同士で揉めやすいカードです。, こちらも結果が出ていて、持ち主がどちらのプレイヤーのカードなのか分かるようにしても良いという処置が出ています。, ということでカードをランダムに選んだりする場合はサイコロを振ったりすることである程度のランダム性を維持できるということです。, このカードがフィールド上に存在する限り、お互いのプレイヤーはデッキを裏返しにしてデュエルを進行するという効果の永続魔法カードです。, デッキを裏側にしているため、お互いに次のドローカードでもあるデッキの一番上のカードを確認することが出来るようになります。, 問題点はそこではなく、このカードの発動下でデッキをシャッフルする際にはデッキの表裏を元に戻してシャッフルしてから裏返しにしたり、ドローしたときやデッキに手が当たったりでデッキトップのカードがずれるとデッキの上から2番目以降のカードも確認できるようになってしまったりと、こちらもプレイヤー同士で揉めやすいカードでもあります。, このカードの発動下ではデッキの扱いに十分気を付ける必要があるので、お互いに不快にならないためには慎重なカード操作が必須になります。, 500の倍数のライフポイントを払うことで、手札または自分フィールドの表側表示モンスター1体のレベルを払ったライフポイント500につき1下げる効果を持つ通常魔法です。, 自分フィールドでは特に問題はありませんが、問題なのは手札のモンスターを選んだ場合です。, そもそも手札というのは公開情報ではなく、相手にはレベルを下げたモンスターが分からないというよく分からない状況になります。, レベルを下げたモンスターのカード名を言ったとしても手札に同名モンスターが存在してしまうと、一体どちらのレベルを下げたのか、発動時点でどっちが手札にあったのか等の問題が発生します。, 言い争いにならないための対策としては、レベルを下げたモンスターと同じスリーブに目印となる紙を入れたり、それが出来ない場合はそのカードだけを手札と分けておくなどという措置が挙げられます。, フィールドの攻撃力が1番高いモンスターは魔法カードの効果を受けなくするという効果の永続罠カードです。, 攻撃力が高いモンスターを魔法カードから守れるというシンプルな効果ですが、このカードの最大の難点は無限ループが簡単に起きてしまうことです。, このカードの発動下で、フィールドで攻撃力が2番目に高いモンスターに対して装備魔法カードを使った結果攻撃力が上がりフィールドで攻撃力が1番高いモンスターになったという場合は無限ループと言えます。, なぜなら攻撃力が1番高くなった時点で装備魔法の効果を受けなくなり攻撃力が下がりますが、再び2番目になったことで装備魔法の効果を受けて再度1番になるからです。, このカードに対するコナミの措置としては、無限ループが起こると予測される場合そのカードは発動できないという裁定が下されました。, 初期の遊戯王はカードテキストがかなりアバウトだっただけにこの様な事案が発生しておりました。, 対策をしないで使用してしまうとトラブルの元ですが、対策をすればある程度はトラブルを回避出来るので、使用する際はある程度対策をすることをおすすめします。. 株式会社コナミデジタルエンタテインメントのプレスリリース(2020年6月29日 14時35分)待望の『遊戯王ocg』公式サポートアプリがついに登場! OCG化するテーマを決める投票企... 遊戯王では年に4回規制改訂が行われ、新リミットレギュレーション適用の半月前ほどにはその内容が公開されることになるはずです。 ... アニメ遊戯王GXにて登場する丸藤亮が使用する「サイバー・ドラゴン」は昔から人気の高いテーマです。 遊戯王 プレミアムパック10 日本語版 コナミ公式 遊城十代 絶版pp10 デュエルモンスターズ 全10種中5枚入り未開封パック 送料無料 即決 1,000円 「遊戯王ニューロン」遊戯王ocg公式サポートアプリ登場! カメラを使ったカード認識機能で簡単デッキ登録、ライフポイント計算、手札シミュレーション「5枚ドロー」などデュエリスト向けの便利な機 … *1 なお、「コンマイクオリティ」は主に音ゲー(BEMANI)関連で不手際があった際に使われるスラングである, *4 それでも納得出来ないなら、英語でいうところの「if節」と「when」の違いだと考えれば分かりやすい。, OCGの一部のルールの複雑さ、それに対する事務局の説明の珍妙さを揶揄した言葉である。, 現在のように、主に遊戯王OCGで使われるようになったのは、事務局の対応の悪さが原因である。, そのため「コナミはテストプレイをしていないのではないか」と前々から噂されつづけていたのだが、, ※他のメーカーは「暫定回答」「検討中ですが現状は●●です」と言う形で一応答えを示し、またその暫定裁定をジャッジ担当などに伝達している(=誰がジャッジするかによらず、一定の処理を取れるようにしている)場合が多い。もちろん、しばらくすれば何らかの形で正式な裁定が発表されるor元凶が禁止カードになる。, 主に話題となったものを上げるが、言葉が違うだけで「調整中」と同じく「ルールが定まっていない」と思っていただければ概ね間違いない。, 英語版の《バスター・モード》を発動して日本語版の《/バスター》を出せるか、という質問に対しての回答。, 効果の似た《メンタルマスター》と《イレカエル》の説明の際にもこのような発言がある。, これが沢山あるという時点でもう理解不能なのだが、日本語の表現力を生かして、表現を変えながら何件も報告されている。, A:このカードのみ重複しない特殊な処理となります。何故このような処理になるのかについては, Q:このカードで同じ対象を取らない《ライトニング・ボルテックス》は無効化できるのに、《地砕き》・《地割れ》を無効化できないのはなぜですか?, テキスト:自分フィールド上のD(ディフォーマー)モンスターを破壊する魔法・罠の発動を無効にして破壊する。, このカードは効果解決時まで破壊対象が決まらないカードには発動不可能となっている(《地割れ》など)。, Q:ディフォーマーを含み他のカードも破壊するカードの発動に対して《D・バリア》を発動できますか?, Q:手札を選ぶ効果でこのカードによって交換したカードを選ぶ際にはどのように処理しますか?, A:お互いに使用しているスリーブが異なる場合でも、特別な処理を行う事はありません。, A:召喚・特殊召喚したモンスターは先に《邪神ドレッド・ルート》の永続効果で攻撃力が半分になり、その攻撃力が半分になった状態からこのカードの効果で攻撃力がさらに半分になり、またその半分になったモンスターの攻撃力が《邪神ドレッド・ルート》の永続効果で半分になり、結果、元々のモンスターの攻撃力の8分の1の攻撃力になります。, (例:攻撃力1000のモンスターを召喚し《邪神ドレッド・ルート》の永続効果で攻撃力500にこのカードの効果でさらに半分の攻撃力が250、ここでまた《邪神ドレッド・ルート》の永続効果が適用され半分の125になります。)(08/09/17), なお、途中で端数が出た場合はその時点で四捨五入を行い、次の半減処理に移ります。(10/03/12), こちらではきちんとチェーンブロックを作る特殊召喚とチェーンブロックを作らない特殊召喚、それぞれに対応できる。, つまり、昇天の黒角笛のテキストの「特殊召喚」はチェーンに乗らない特殊召喚のみを指している。, ようは『カードの効果』による特殊召喚を無効にできるカード側に別途で説明が書かれているということで、, 「相手側にモンスターがいてもプレイヤーを直接攻撃できるカード」には「このカードは相手プレイヤーを直接攻撃する事ができる。」と書かれているが、, そもそもこれは《暗黒魔族ギルファー・デーモン》と《リーフ・フェアリー》による無限ループコンボが発端となって生まれたもの。, 「場合」なのでタイミングを逃さないが、「する」なので効果は発動しなければならない。, また《凡骨の意地》などのテキストも紛らわしく「ドローフェイズにドローしたカードが◯◯だった場合」という文章だが、, そして『タイミングを逃す』カードの書式は「~時、~できる」であると覚えてテキストを確認すればいいだけなのだが, 上の三つの問題の存在により、今でも『タイミングを逃す』というルールを毛嫌いする人もいる。, このカードがシンクロ召喚に成功した時、相手の手札・フィールド上・墓地のカードをそれぞれ1枚までゲームから除外する事ができる。, 上のテキストだけ読んでも全然ピンと来ないが、「手札・場・墓地を同時に除外する」「この時手札は効果解決時にランダムに選ぶ=対象を取らない」、, 一応見分け方があり「~~~して発動する。」までが発動条件及びその時に行う事。8上記のティアラミス効果の1行目)ここで対象を選択している場合対象を取る効果になる。, 発動までの手順が句読点で区切られている訳でもなく、特殊召喚に成功した直後破壊対象を選ぶ対象を取る効果にしか見えない。, テキストで判別できるようになったこと自体はゲームをするうえで非常に喜ばしいのだが、, 上記のカードが出ていた頃は対象を取る効果を「選択して」取らない効果を「選んで」で書き分け始めた時期である。, 拳銃に例えると、対象を取るのは「あらかじめ目標を狙って拳銃を撃つ」、取らないのは「撃ってから弾丸を目標に誘導する」ことである。, ルール上『カードの発動』を無効にした場合、『フィールド上ではない場所』で破壊された扱いになるのだが、, ちなみにカウンター罠は『カードの発動』に対して発動するカードのため、基本的に『効果の発動』にはチェーン発動できない。, 一方でモンスター効果の方は『効果の発動』しかないので、最初から効果の発動の方が止められるようになっている。, MtGプレイヤーであれば「カードの発動」は「呪文を唱える」、「効果の発動」は「能力の起動」のようなものと考えれば分かるかもしれない。, 大抵は引き金を引かせない、引き金を引いたことを無効にすることで、そのカードを止める。, この逆順処理に関して「何故逆順処理するか解らない」と言う声をあげる初心者もいるにはいるが、, ここまでは解りやすいただのルールの話に聞こえるが、問題はチェーンの仕組みそのものではない。, 何が困るかと言うと、チェーンブロックを作るか作らないかで一部のカードの価値ががらっと変わるからである。, wikiでチェーンを解説した項目に例として出されている《神の恵み》と《魂吸収》に至っては, ちなみにこの2枚の場合「神の恵み」は「(枚数を問わずに)ドローする度に」永続効果(=表側になっている限り効果が適用し続ける効果)であるので、, 余談だが召喚や攻撃宣言に対して《神の宣告》などの召喚を無効にするカウンター罠や《強制脱出装置》などのフリーチェーンカードを発動する時に、, その他にも上記の「時/場合」「する/できる」「対象として(選択して)/選んで」のみならず、, また「ルール効果/効果外テキスト」など、初心者にはわかりづらい区別も多い(この用語自体は非公式用語)。, ※ちなみにこれらの標記の違いはあくまでも「ゲーム性を広げてはいる」という事実はあることを認識していただきたい。, 上記の例に対して、いろいろと対処しているわけだが、もう一つこのコンマイ語というかコンマイクオリティが原因で問題があったりする。, などなど、皆の積み重ねの上で作られた項目が沢山あり、実際かなり使いやすいサイトである。, よく「Wikipedia」の略と勘違いされたり、百科事典って意味だと勘違いされたりもするが、, 確かに『遊戯王カードWiki』は使いやすいサイトではあるが、そもそもこのサイトの大前提も, 2017年3月25日から適用された「新マスタールール」からは大幅なルール変更に伴い、, 実は遊戯王OCGに限った話ではなく、コナミはもともと消費者をはじめとした外部に対して強硬的な態度を取ることが目立つのは留意しておこう。, 「ブラック・ガーデンの効果が適用される前にドレッド・ルートの効果で攻撃力が半分になる」, →「ブラック・ガーデンの効果が適用されモンスターの攻撃力は合わせて4分の1になる」, →「ドレッド・ルートの効果は常に最後に適用されるのでまた半分になる。つまり、最終的に8分の1になる」である, 一度把握してしまえば自然に区別出来るんだがなぁ……そこまでが大変。 -- 名無しさん (2017-02-04 12:20:43), ガスタとかの「墓地に送られた『時』に発動『できる』」のチューナーでシンクロしたらタイミングを逃すんだな -- 名無しさん (2017-02-06 18:06:11), 各国で効果が違うランパートガンナーとかいうレジェンド -- 名無しさん (2017-02-12 01:50:35), 素材の上に重ねてエクシーズできます、そのまま重ねるとは言ってない -- 名無しさん (2017-02-22 23:31:34), テキストベースで後付けルールを追加していった結果、この世の誰にも正確な解読ができなくなった未解読言語 -- 名無しさん (2017-04-01 19:23:18), ベクトル違うけど革命ファイナルからのデュエマも大概 -- 名無しさん (2017-04-01 20:37:56), 要するにプレーヤー介入のタイミングと処理手順が(実は)基本ルール上で定められてなく、個別のカードテキスト文ないし公式裁定に記述されてるから、異なるカード同士の解決手順が異様に煩雑になるわけだ。 -- 名無しさん (2017-04-05 19:11:22), これって「日本語の難しさ」と「コナミの怠慢」のどっちが主たる原因なんだろう 日本語を極め尽くした人ならコンマイ語も理解できたりするのか? -- 名無しさん (2017-07-26 05:19:12), ↑日本語=コンマイ語じゃないから無理 -- 名無しさん (2017-08-11 11:44:05), コナミの怠慢というより漫画原作のカードゲームってのが最大の問題なんちゃうか -- 名無しさん (2017-09-06 08:17:56), GMのいないTRPG状態の王国編~BC序盤はまだしもそっから10年以上たってなおこんな問題続くんならそら怠慢ですわ -- 名無しさん (2017-09-06 08:53:17), ゲーム以外だと本当によく混乱してしまう… -- 名無しさん (2017-09-11 06:32:28), ぶっちゃけしばらくやってれば覚えるわ。 -- 名無しさん (2017-09-11 14:27:04), 5Dsの頃までは全く努力してなかったけどマスタールール3以降は可能な限り努力はしてる -- 名無しさん (2017-09-17 02:05:25), メンマスのところ修正していいかな?明らかに捏造ネタ載せるのはいかんでしょ -- 名無しさん (2017-10-01 01:23:39), 最近は自分の間違いをこれを理由にするのがいるから困る -- 名無しさん (2018-01-03 23:59:30), ↑昔からいたぞ。 -- 名無しさん (2018-01-04 00:40:04), OCGWikiをでたらめに書き換えたのが通るなら、ついにどの媒体でもやっていなかった「決闘中に相手のカードをエラッタする」決闘者が現れることになるのか… -- 名無しさん (2018-01-12 14:40:21), ↑残念だけど殆どの大会ではOCG事務局に問い合わせるからそういう事にはならんぞ。 -- 名無しさん (2018-01-12 20:29:17), 毎回思うけど、いい加減勝鬨のはコンマイ語云々ではなくてエクシーズをあまり詳しくないなかっただけっていつになったら分かるんだろ -- 名無しさん (2018-08-05 19:20:55), 最近はテキストが整備されてるし昔に比べてテキストに統一性がないって問題はほぼなくなったから法則さえ覚えてればなんとなくわかるけど、前例通りにならず事務局の思い付きで類似した効果でも裁定が変わってしまうってのが厄介。増殖するGと相乗りとか。 -- 名無しさん (2018-09-17 21:14:13), ポプ子「あー そーゆーことね 完全に理解した」 -- 名無しさん (2018-11-03 17:05:02), すでに書かれているがコンマイ語は最近では解りやすくなっていて慣れれば案外簡単に理解できる。厄介なのはその処理の裁定だ。これが右往左往しやがるから遊戯王は難しい。 -- 名無しさん (2019-01-09 02:03:11), 全盛期が一番ひどかったってのが…w -- 名無しさん (2019-01-20 19:18:26), 最近デュエマでも「暫定回答なし」とかいうプレイに支障を生む裁定が一杯生まれててワロタ -- 名無しさん (2019-04-05 14:36:52), この辺りの調整ってコンマイ自体がカードプール把握出来てなさ過ぎてデバッグをユーザーにさせてる感あるよね -- 名無しさん (2019-05-12 12:15:36), ↑というか全てそれが原因だよね。デュエマの方の裁定が悪いって類いの話と比べるともう根本的に質と土台が違うし。やっぱり高橋先生とちゃんと話し合うべきだったんだよあの人もちゃんと考えないで作ってたわけだし。 -- 名無しさん (2019-06-09 01:00:04), 作者に愚痴ってるやつ初めて見たわ ってか、ここもコメ禁止の方が良さそうだな -- 名無しさん (2019-06-09 03:46:43), [聖騎士コルネウス -- 名無しさん (2019-09-23 01:12:57), ↑ミス 聖騎士コルネウスは新しい形のコンマイ語だな…OCG化の際に翻訳ミスしたのを「仕様です」で押し通すとか考えられんやろ普通… -- 名無しさん (2019-09-23 01:14:15), 1人の漫画家がざっくり考えて、金になると判断したコンマイが取り敢えずで形にし -- 名無しさん (2019-11-30 08:53:17), 「まあコンマイはそれくらいやるよなあ」という印象はある -- 名無しさん (2020-04-09 23:10:50), ゲームをしながら国語の勉強も出来るなんて、一石二鳥じゃねぇの(白目)! -- 名無しさん (2020-04-20 11:30:05), コンマイ語と日本語は似て非なる言語だから遊戯王やっても国語の勉強にはならんでしょ -- 名無しさん (2020-06-09 17:28:04), ついにやらかしやがったwwwなんだよYU-GI-HOってwwwwww -- 名無しさん (2020-11-24 16:52:30).

How Long Should Concrete Countertops Cure Before Polishing?, Raglan Primary School Enfield, 2014 Nissan Juke, Scrubbing Bubbles Caddy, Masters In Human Nutrition, Canmore Hikes Easy, Costco Toilet Paper Scott,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *